スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政改革で首相「官の肥大化論は杞憂」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日、政府の郵政改革案が「官の肥大化」を招くと指摘されていることについて「杞憂(きゆう)にすぎない。(ゆうちょ銀が)地域の金融機関と共存共栄できる状況を作り上げていくことは十分に可能だ」と反論した。首相官邸で記者団の質問に答えた。首相は「郵貯、簡保は10年間で100兆円ほど資金量が減り、大変厳しい状況だ。何らかの公的な役割を持たせた形にしたい」とも語った。

 また国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は同日、都内で記者団に、ゆうちょ銀の預入限度額引き上げに異論を唱えた仙谷由人国家戦略担当相について「(仙谷氏が推進した限度額引き下げは)5年前の話だ。民主党は180度変わった。仙谷氏は1周遅れ、2周遅れだ」と批判した。

【関連記事】
首相「郵政改革、閣内バラバラではない」
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」
日本郵政、10年度は減収減益計画 収益改善へ課題山積
郵貯資金で太陽光や電線地中化 亀井氏、“流用”で具体策 
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配
あれから、15年 地下鉄サリン事件

秋山元専務理事に有罪=無罪主張退ける-防衛コンサル脱税・東京地裁(時事通信)
【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)
【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(下)集大成 家族の思い乗せて(産経新聞)
檀家に振り込め詐欺防止を説法…住職が一肌(読売新聞)
光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。